ホーム > ダイエット > リバウンドの原因と筋肉量は関係あるのか?

リバウンドの原因と筋肉量は関係あるのか?

せっかく減量を頑張ったのに、リバウンドが起きてウエイトが戻ってしまったという話をよく聞きます。リバウンドのリスクが少ない減量をするには、まずリバウンドの原因を把握することです。

 

減量に関係が無いように当てはまる筋肉ですが、リバウンドしないためには筋肉容積を意識する必要があります。めしで体内にもらえるカロリーが不足すると、生きていくために必要なカロリーは、体脂肪を入れ替わりして買い取ることになります。

 

体躯に蓄積されておる脂肪を熱量として使ってしまえば、減った脂肪の分だけ減量をすることができます。栄養素が十分に補給できていない時は、筋肉も熱量核として出費してしまいますので、リバウンドが起き易い体発明に一役買います。筋肉容積が多いほど根本入れ替わりは高くなります。

 

筋肉が減れば根本入れ替わりは低下しますので、全身で選べるカロリー容積も少なくなってしまう。根本入れ替わりは、筋肉の衰勢によって下がります。根本入れ替わりの少ない体は、カロリーが燃えにくいので、減量影響が得難くなります。

 

筋肉容積が落ちた身構えで、減食をやめて元の食事に戻ってしまうと、おんなじ容積を食べているのに出費できるカロリーが少なくなり、リバウンドの原因となってしまう。リバウンドの原因に、減量をすると筋肉が減って根本入れ替わりが下がることがあるならば、筋肉を減らさずに減量をすればいいわけです。

 

痩身をしつつ、運動量を増やして筋肉の多い体をつくるため、減量が終わってからもリバウンドがしづらい慣例になれるでしょう。めしの容積を切り落とし、体重を落とした時でも、筋肉容積が減らず、かかるように実践を通じておけば、減量後の食事がきっかけでリバウンドやる懸念を統べることができます。

 

DCCディープチェンジクレアチン


タグ :

関連記事

  1. リバウンドの原因と筋肉量は関係あるのか?

    せっかく減量を頑張ったのに、リバウンドが起きてウエイトが戻ってしまったという話を...

  2. 彩乃の体操は中年期のひとにも肝要

    実際に体操する場合には、それでどれくらいの内脂肪が燃焼できるのか計算できると願望...